くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
米消費者物価、7月は1.7%上昇

2017年8月11日、アメリカ労働省が、7月の消費者物価指数を発表。
  
7月の消費者物価指数(季節調整済み)は、前月比0.1%上昇。
前年同月比では、1.7%の上昇となった。
       
食品とエネルギーを除く消費者物価指数は、前月比0.1%上昇。
前年同月比では、1.7%の上昇となった。
     
<アメリカの消費者物価(インフレ率)>
アメリカ労働省が、毎月15日頃、前月の数値を発表。
インフレ率と失業率は、アメリカ・金融政策の重要な指標となっている。
FOMCは、現在、インフレ率2%を目標としている。
     
*FOMCが、ゼロ金利政策時代の2012年12月、失業率が6.5%以下になったり、インフレ見通しが2.5%を超えた場合、ゼロ金利政策を停止すると決めたように、アメリカ金融政策において、失業率とインフレ率が最重要視されている。
     
*FOMC…FRBの金融政策決定機関

ニュースINDEX.2017年8月②
★経済・国際
『アメリカ』

    ページのトップへ