くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
海外安全情報

<海外安全情報とは>
海外に渡航・滞在される方、すでに滞在されている邦人のため、外務省が発表している各国の安全に関する情報。
あくまで参考情報のため、法的な強制力はありません。
ニュースとして発信される海外安全情報には、「危険情報」、「感染症危険情報」、「スポット情報」、「広域情報」の4つがあります。

危険情報は、その国に危険がある場合、危険度を4つのレベルで表している情報です。
4つのレベルは、「レベル1」、「レベル2」、「レベル3」、「レベル4」で、後者ほど危険度が高くなります。
また、ニュースとしては取り上げられることはありませんが、海外安全情報としては、各国の基礎的な情報を取りまとめた「安全対策基礎データ」があります。

<危険情報とは>
渡航・滞在にあたって、特に注意が必要と考えられる国・地域に発出される情報。
その国の治安情勢やその他の危険要因を総合的に判断し、4つのレベルにより示す。
また、4つに分かれるレベルとともに、詳細な説明文で構成される。
        
・4つのレベル
レベル1:十分注意してください…その国・地域への渡航、滞在に当たって危険を避けていただくため、特別な注意が必要です。
     
レベル2:不要不急の渡航は止めてください…その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合には特別な注意を払うとともに、十分な安全対策をとってください。
     
レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)…その国・地域への渡航は、どのような目的であれ止めてください。場合によっては、滞在している方に退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。
        
レベル4:退避してください。渡航は止めてください(退避勧告)…その国・地域に滞在している方は滞在地から、安全な国・地域へ退避してください。この状況では、当然のことながら、どのような目的であれ新たな渡航は止めてください。
         
*危険情報それ自体には、渡航・滞在を制限するような強制力はありません。
*危険情報が出ていない国・地域も安全とは限りません。
*現在、危険情報が出ている国は115ヵ国(2013年4月現在)。

<感染症危険情報とは>
新型インフルエンザなど、危険度の高い「感染症に関する」渡航情報。
感染症の発生初期の段階では、基本的に「広域情報」及び「スポット情報」により、一般的な注意喚起が行われます。
世界保健機関(WHO)による勧告や、発生国の感染状況などを総合的に勘案して、「感染症危険情報」が発表されます。
なお、感染症危険情報も、危険情報と同様、4つのレベルに分かれています。
         
・感染症危険情報(4つのレベル)発出の目安
レベル1:十分注意してください…特定の感染症に対し、国際保健規則(IHR)第49条に規定する緊急委員会が開催され、同委員会の結果から、渡航に危険が伴うと認められる場合等。
       
レベル2:不要不急の渡航は止めてください…特定の感染症に対し、IHR第49条に規定する緊急委員会において、同第12条に規定する「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態(PHEIC)」が発出される場合等。
          
レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)…特定の感染症に対し、IHR第49条に規定する緊急委員会において、同第12条に規定する「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態(PHEIC)」が発出され、WHOが感染拡大防止のために貿易・渡航制限を認める場合等。
       
レベル4:退避してください。渡航は止めてください(退避勧告)…特定の感染症に対し、IHR第49条に規定する緊急委員会において、同第12条に規定する「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態(PHEIC)」が発出され、WHOが感染拡大防止のために貿易・渡航制限を認める場合で、現地の医療体制の脆弱性が明白である場合等。
         
*4段階のカテゴリーごとの表現に収まらない感染症特有の注意事項を、状況に応じて、追加で付記します。
*感染症危険情報それ自体には、渡航・滞在を制限するような強制力はありません。
*感染症危険情報が出ていない国・地域も安全とは限りません。
*PHEIC…国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態

<スポット情報とは>
特定の国や地域において、テロ事件や災害が発生した場合、またはその可能性がある場合に、「速報」として発表される情報です。
危険情報は、事件や事故が発生してから、危険度を引き上げるかどうか検討する必要があり、時間が掛かります。それでは間に合わないので、速報として「スポット情報」が発表されるわけです。

<広域情報とは>
複数の国にまたがる広い範囲で注意を必要とする事態が生じた際に、注意を呼びかけるものです。
特に、国際テロ組織の動向に関する情報等は、特定の国に限定できない場合が多いことから、「広域情報」で広く注意を呼びかける場合が一般的です。

<安全対策基礎データ>
各国の基礎的な情報を取りまとめたもの。
危険情報が出ていない国でも、日常的な犯罪は多く発生しています。
また、その国の法律や制度を知らなかったため、トラブルに巻き込まれる方も、後を絶ちません。
安全対策基礎データには、それぞれの国の情報(法律、制度、風習など)が詳しく記載されています。
          
*外務省発表の「海外安全情報」、「危険情報」、「感染症危険情報」、「スポット情報」、「広域情報」をまとめたものです。
*2015年9月1日に「渡航情報」から「海外安全情報」へ改称しました。同時に内容も変更されました。

【海外安全情報・目次】
・海外安全情報とは
・危険情報とは
・感染症危険情報とは
・スポット情報とは
・広域情報とは
・安全対策基礎データとは


    ページのトップへ