くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
日ソ国交回復の日

毎年10月19日。
日ソ国交回復共同宣言が署名された、1956年の10月19日に因む記念日。
     
1956年10月19日、モスクワにおいて、日本の鳩山一郎首相とソ連のブルガーニン首相との間で、「日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との共同宣言」が署名されました。
         
この結果、日本とソ連との間の戦争状態が終了し、国連加盟への障害がなくなり、1956年12月18日、日本は全会一致で国連に加盟することが出来ました。
     
その一方、共同宣言では北方領土問題が棚上げされ、改めて、平和条約の交渉を行うということになりました。
     
このため、ソ連が崩壊し、ロシアに変わった現在も、北方領土問題は解決せず、北方四島は不法占拠されたままになっています。

    ページのトップへ