くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
出初式(でぞめしき)

毎年1月、全国各地で行われる、消防関係者の仕事始めの行事。
 
江戸時代の火消が行なっていた出初(仕事始め)が起源。
現在では、全国各地の消防関係者によって行われています。
   
1月6日に行われるところが多数ですが、最近では1月6日以外の日(1月前半)に行われているところも増えてきました。
       
<東京消防出初式>
毎年1月6日に、東京ビッグサイト(東京都江東区)で行われている、東京消防庁の出初式。
消防車両分列行進、消防演技、音楽隊とカラーガーズ隊による演奏演技、江戸消防記念会によるはしご乗りなどが披露されます。
   
また、屋内展示場では、消防資器材の展示、消防車両乗車体験、防災トークショーなども行われます。
   
<大阪市消防出初式>
毎年1月6日に、大阪南港(大阪市住之江区)のアジア太平洋トレードセンター(ATC)で行われている、大阪市消防局の出初式。
消防隊員・消防車などのパレードをはじめ、レスキュー訓練、消防車両や消防艇による一斉放水などが実施されます。
         
*参考…東京消防庁・東京消防出初式、大阪市・大阪市消防出初式


    ページのトップへ