くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
桜島の日

毎年1月12日。
桜島の大正大噴火が始まった日に因みます。
         
1914年(大正3年)の1月12日、鹿児島県の桜島で大噴火が始まり、多数の犠牲者がでる事態となりました。
      
毎年同日には、鹿児島市で防災訓練が行われています。
       
*桜島(さくらじま)…鹿児島県の鹿児島湾にある標高1117mの火山。
   
<大正大噴火>
1914年(大正3年)の桜島大噴火。
    
1914年1月12日に噴火が始まり、翌13日に噴火のピークとなりました。
噴火に伴い、マグニチュード7.1の地震も発生。
    
この噴火と地震による、死者・行方不明者は58名。
また、流れ出た溶岩により、桜島と大隅半島は陸続きとなりました。
   
*参考…鹿児島県・大正大噴火
風景
桜島:©KimonBerlin
    ページのトップへ