くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
血清療法の日

毎年12月4日。
血清療法の発見に因む記念日。
   
1890年12月4日、北里柴三郎とエミール・ベーリングが、ドイツの医学誌に「動物におけるジフテリア免疫と破傷風免疫の成立について」を共著で発表。
       
これが、世界初の血清療法の発見となりました。
   
<血清療法>
免疫血清を注射して、感染症を治療する方法。
   
まず、動物に、毒素を無毒化・弱毒化した上で注射し、毒素に対する抗体を作らせます。
そして、患者に、この抗体を含む血清(免疫血清)を注射し、感染症などの病気を治療する方法です。
  
<北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)>
1853年1月29日 - 1931年6月13日。
日本の医学博士・細菌学者。
   
日本の細菌学の父と呼ばれ、ペスト菌や破傷風の治療法を発見しました。
北里大学の学祖、慶応義塾大学医学部の創立者。


    ページのトップへ