くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
成道会(じょうどうえ)

毎年12月8日。
釈迦が悟りを開いた日、あるいは悟りを開いたことを祝う日。
         
仏教の開祖・釈迦は29歳で出家し、6年間の修行のあと、尼連禅河の畔にある菩提樹の下で瞑想を行い、悟りを開きました。
            
日本では、悟りを開いたのは12月8日であったとされ、この日には、ほぼすべての仏教宗派で法要が営まれています。
           
*成道会は、釈迦が悟りを開いたことを記念して行われる、12月8日の「法要」を指すとの説もあります。
     
*釈迦(しゃか)…紀元前5世紀前後の北インドの人物で、仏教の開祖。
     
*尼連禅河(にれんぜんが)…インド・ビハール州ブッダガヤーの東を流れる川。釈迦が悟りを開いた場所は、四大仏跡の一つになっています。

    ページのトップへ