くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
光化学スモッグの日

毎年7月18日。
日本で初めて、光化学スモッグが発生した日に因む記念日。
       
光化学スモッグは、光化学オキシダントを主成分とするスモッグで、大気汚染の一種。
    
光化学オキシダントは、排ガスなどの大気汚染物質が、太陽の紫外線を受け、光化学反応を起こすことにより発生します。
       
1970年7月18日、東京・杉並区の高校で、体育の授業中に、生徒43名が目やのどに痛みを訴えました。
東京都の調査により、光化学オキシダントが原因と判明し、これが日本初の光化学スモッグとなりました。
       
光化学スモッグは、1970年代をピークに、減少傾向となっていたが、最近は中国からの大気汚染物質の流入などの影響により、増加している地域もあります。
         
夏の暑い日、特に日差しが強く、風の弱い日に発生しやすい。
    
*参考…東京都・光化学スモッグ情報


    ページのトップへ