くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
七五三(しちごさん)

毎年11月15日。
子供の成長を祝って、また、今後の成長を祈り、11月15日にお宮参りする行事。
     
3歳の男女、5歳の男子、7歳の女子が、一般的には地元の氏神様にお参りします。
     
お宮参りは、3歳のときに髪を伸ばす(髪置きの儀)、5歳になると初めて袴をつける(袴儀)、7歳のときに大人と同じ帯を付ける(帯解きの儀)風習の名残りと言われています。
         
かつては、数え年で行っていましたが、現在では満年齢で祝う地域が多数です。
        
また、現在では11月15日に拘らず、七五三のお宮参りを行なっています。

    ページのトップへ