くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
ハロウィン

毎年10月31日に行われる、古代ケルト人の風習が元になっているお祭り。

古代ケルト人の暦は、11月1日に始まり、10月31日が1年の終りの日となっていました。
また、ケルト人は、1年の終わりの夜に、死者の霊が家族を訪ねてくると信じていました。

このため、ケルト人は10月31日の夜、悪い霊を怖がらせて追い払う目的で仮面を被り、魔除けの焚き火を焚きました。

この風習が各国に伝わり、アメリカでは大きなカボチャを切り抜き、ジャック・オー・ランタンを作り、悪い霊を怖がらせて追い払うようになりました。
       
さらに、魔女やお化けに仮装した子供達が、近所の家を訪ねて、トリック・オア・トリート(ご馳走をくれないと悪戯するよ)と唱え、お菓子をねだる風習にもなりました。

日本でも、近年、各地でハロウィンの仮装パレードが行われています。

    ページのトップへ