くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
花まつり(灌仏会)

毎年4月8日におこなわれる、仏教の開祖・釈迦(しゃか)の誕生を祝う仏教行事。
       
釈迦が旧暦の4月8日に生誕したという伝承に基づいている。
明治に暦が変わった後は、新暦の4月8日におこなわれているが、一部、月遅れで行っている寺院もある。
     
正式名は、灌仏会(かんぶつえ)であるが、一般的には、花まつりで親しまれている。
同日には、寺院などで灌仏会法要が行われ、参拝者には甘茶がふるまわれる。
      
なお、釈迦は、紀元前5世紀ごろ、ネパール南部のルンビニで生まれたとされる。
ルンビニは、現在、仏教八大聖地の一つ、仏教四大聖地の一つとなっている。

    ページのトップへ