くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
事始め

正月を迎えるための準備を始める日。
正月事始めとも言います。

12月13日は、江戸時代に使われていた暦では、鬼宿日(きしゅくにち)となっていました。
       
鬼宿日は、「婚礼以外、万事に大吉」とされる日です。
このため、江戸時代には縁起の良い日とされる12月13日から、迎春準備を始めました。

その後、12月13日を鬼宿日とする暦は廃れましたが、12月13日に迎春準備を始める風習は続きました。
現在でも、多くの地域で12月13日から正月の準備を始めています。
       
*正月を迎えるための準備…大掃除や餅つき、すす払いなど。

    ページのトップへ