くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
大晦日(おおみそか)

1年の最後の日。
12月31日を指します。
      
大晦日には、この1年に受けた穢れを祓い、また、年神を迎えるための準備が行われます。

<穢れを祓う行事>
代表的なものに、年越し蕎麦と、除夜の鐘があります。

年越し蕎麦は、大晦日に蕎麦を食べる風習で、江戸時代に定着したと言われています。
蕎麦は他の麺類よりも切れやすいことから、今年一年の災厄を断ち切るという意味を持っています。

除夜の鐘は、12月31日の夜に煩悩を祓うため、寺院の鐘を108回撞くこと(仏教行事)。
108回は、煩悩の数を表しています。

<年神>
神道の神で、毎年正月、各家庭にやってくる来方神です。
この年神を迎えるため、大掃除を行い、門松を飾り、鏡餅を供えます。
       
門松は年神が来訪するための依代であり、鏡餅は年神への供え物です。


    ページのトップへ