くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
世界気象デー

毎年3月23日。
気象業務への理解を深めるための記念日で、国際デーの一つ。

1960年、世界気象機関(WMO)が発足10周年を記念して、世界気象機関条約が発効し世界気象機関が発足した1950年の3月23日に因み、同日を「世界気象デー」に設定した。

毎年キャンペーンテーマを決め、気象業務への国際的な理解の促進に努めている。

<世界気象機関(WMO)>
スイス・ジュネーブに事務局を置く、気象業務に関する国際機関(国連の専門機関)。
WMO(World Meteorological Organization)と略される。

1950年の3月23日に、気象業務に関する国際的な調整・標準化・改善や、気象情報の交換促進を目的に設立され(世界気象機関条約が発効)、現在(2015年3月時点)では185ヵ国と6地域が加盟している。
日本は、1953年に加盟した。

*参考…気象庁「世界気象デー」


    ページのトップへ