くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザは、A型インフルエンザウイルスが引き起こす「鳥の病気」。

家畜伝染病予防法でウイルスの型によって、高病原性鳥インフルエンザ、低病原性鳥インフルエンザ等に区別。
高病原性鳥インフルエンザに感染すると、多くの家きん(鶏)が死亡します。
一方、家きんが低病原性鳥インフルエンザに感染すると、症状が出ない場合もあれば、軽い呼吸器症状が出たり、産卵率が下がったりする場合も。

鳥インフルエンザウイルスは加熱すれば感染性がなくなるため、食品中にウイルスがあっても、十分に加熱して食べれば感染の心配はない。

なお、海外において感染した鳥に「濃厚に接触」したことにより、人が感染した事例が確認されている。
衰弱、死亡した野鳥やその糞便に直接触らない、もし触った場合は速やかに手洗いをすることが必要。
*参考…農林水産省発表「鳥インフルエンザとは」

<参考・農家の対策>
(農林水産省発表をまとめたもの)
1、人・車輌等による侵入の防止
・鶏舎やその周辺に外来者を入れない。
・消毒の徹底。

2、野鳥・野生動物による侵入の防止
・鶏舎には2cm角以下の網目の防鳥ネットを上から覆う。
・防鳥ネットの補修を欠かさず。
・間隙を塞ぎ、ネズミの侵入を防止。
・ネズミを見つけた場合、捕獲装置の設置、殺鼠剤の使用により駆除。
・鶏舎周辺、農場敷地周縁及び農場内道路へ消石灰を散布。
・鶏舎の中に入ったら、すぐに扉を閉める。

3、飲用水・飼料の汚染による侵入の防止
・新鮮な水道水を使う。
・水道水以外を使用する場合、鶏が飲む時に遊離塩素濃度が0.1ppm以上含まれるよう調整。
・飼料タンク付近は、常に清潔を保つ。
・倉庫等では、野鳥等の侵入防止、ネズミの駆除を行う。

4、鶏舎内外の整理・整頓・清掃
・鶏舎内外の整理・整頓・清掃や草刈り、木の伐採。
(ネズミや野鳥の繁殖場所を失くす)

5、鶏の健康管理及び取扱い
・健康な鶏の導入や、死亡鶏の適切な処理を行う。
・鶏舎内の環境整備(適正な飼養羽数と良い換気)や、適正な飼料の給与。

6、鶏糞の処理
・鶏糞は、農場内で適切な水分管理をして、十分に発酵させる。
(中心温度が70℃以上に)
・農場外に持ち出す場合は、病原体の拡散させないように注意。
・鶏糞処理施設にも、防鳥ネットを。



    ページのトップへ