くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
全国山火事予防運動

毎年、春に行われる山火事予防意識の普及を図り、森林の保全と地域の安全を目的とする啓発活動。
主唱は、林野庁と消防庁。
         
運動期間は、春の火災予防運動に合わせ、毎年3月1日から7日まで。
また、山火事発生の危険性が高い時期でもあることから、この期間となった。
山で枯葉や枯草が多くなる季節であり、空気の乾燥、季節風、フェーン現象などの気象条件により、山火事発生の危険性が高い時期。
       
啓発活動は、入山者に対し、火の取り扱いには十分注意するよう呼び掛けを行っている。
具体的には、
・枯れ草のある火災が起こりやすい場所では、たき火をしないこと
・たき火など火気の使用中は、その場を離れず、使用後は完全に消化すること
・強風時及び乾燥時には、たき火、火入れをしないこと
・火入れを行う際、許可を必ず受けること
・たばこは、指定された場所で喫煙し、吸いがらは必ず消すとともに、投げ捨てないこと
・火遊びはしないこと
を呼び掛けている。
 
*参考…農林水産省、林野庁「全国山火事予防運動」


    ページのトップへ