くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
ラグビーワールドカップ2019

2019年に、日本で開催されるラグビーワールドカップ。
ラグビーワールドカップは、国際ラグビー評議会(IRB)が主催するナショナルチームによる世界選手権大会。
       
1987年に、第1回大会がニュージーランドとオーストラリア(共催)で開催されました。
以降4年に1度、開催され、2019年が第9回大会となります。
        
大会は、2019年9月20日~11月2日に予定されています。
開会式・開幕戦は東京スタジアム、決勝戦は横浜国際総合競技場で行われます。
参加チームは20ヵ国。
        
<経緯>
2009年の国際ラグビー評議会・理事会において、2019年の第9回大会を日本で開催することが決定。
         
2015年3月2日、アイルランド・ダブリンで開催されたラグビーワールドカップリミテッド理事会において、12の開催都市が決定。
開催都市には、国内15都市が立候補していました。
        
2015年9月28日、新国立競技場が使用できなくなったことに伴い、東京都の会場が東京スタジアム(東京都調布市)に変更されました。
同時に、開会式・開幕戦は東京スタジアム、決勝戦は横浜国際総合競技場とすることも決定しました。
         
<開催12都市>
・札幌市(札幌ドーム)
・釜石市(釜石鵜住居復興スタジアム)
     
・熊谷市(熊谷ラグビー場)
・調布市(東京スタジアム)
・横浜市(横浜国際総合競技場)
・袋井市(小笠山総合運動公園エコパスタジアム)
・豊田市(豊田スタジアム)
       
・東大阪市(花園ラグビー場)
・神戸市(御崎公園球技場)
・福岡市(東平尾公園博多の森球技場)
・熊本市(熊本県民総合運動公園陸上競技場)
・大分市(大分スポーツ公園総合競技場)
       
*カッコ内は会場。
*開会式・開幕戦は東京スタジアム、決勝戦は横浜国際総合競技場。
*種々の事情で会場が変更される場合もあります。



    ページのトップへ