くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
西馬音内の盆踊

毎年8月16日~18日、秋田県羽後町・西馬音内本町通りにおいて行われる盆踊り。
         
阿波踊り、郡上おどりとともに、日本三大盆踊り。
国の重要無形民俗文化財に指定された、初めての「踊り」である。

編み笠や頭巾をかぶった踊り手が、優雅に、しなやかに踊る。
例年、期間の3日間で10万人の人出で賑わう。

西馬音内盆踊りは、13世紀、蔵王権現(現在の西馬音内御嶽神社)の境内で、豊年祈願として踊ったのが起源といわれています。
     
これに、1601年に西馬音内の城主・小野寺一族が滅び、その遺臣たちが旧盆に宝泉寺(西馬音内寺町)境内で行っていた「亡者踊り」が融合。
現在の踊りになったといわれています。

また、踊りの会場は、江戸時代中期に本町通りに移りました。

西馬音内盆踊りの特徴は、衣装と踊り。
衣装は、藍染か、伝統的な「端縫い」の浴衣、あるいは、「ひこさ頭巾」。

端縫いは、四種、五種もの絹布(けんぶ)をはぎ合わせたもの。
帯もしぶ味好みのものが多く、結び方は御殿女中風。
      
この衣装に、編み笠を組み合わせます。
編み笠は、い草を材料にした、半月形よりも両端が張り出した形が特徴的なものです。

ひこさ頭巾は、黒い布で顔を隠した(黒い覆面)もので、西馬音内の盆踊が亡者踊りといわれるゆえんの一つです。
踊りは、しなやかな手振りと優雅な足さばきが特徴。
       
*参考…羽後町・西馬音内の盆踊

<ホームページ>
■羽後町観光物産協会

<日時>
■毎年8月16日~18日
19時~23時。
*踊りは19時30分から。18日だけは23時30分まで。

<場所>
■秋田県羽後町西馬音内の本町通り。
*雨天の場合、羽後町活性化センター、および羽後町総合体育館に会場を変更して開催。
      
・JR湯沢駅から路線バス。西馬音内下車(約25分)



    ページのトップへ