くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
横手のぼんでん(梵天)

毎年2月17日、秋田県横手市の旭岡山神社に、ぼんでんを奉納する小正月行事。
正式名は、旭岡山神社・梵天奉納祭。

同日10時、豪華絢爛な頭飾りを冠したぼんでんが、横手地域局前おまつり広場に集合し、その後、旭岡山神社までの3kmを練り歩きます。

300年前から行われている伝統のお祭りで、「ジョヤサ、ジョヤサ」の掛け声とともに、激しい揉み合いが繰り広げられます。
       
ぼんてん本体は、4mの竿の先に、直径90cmの籠が取り付けられたもので、その籠から、下がりとよばれる色鮮やかな布が下がり、上部には四角の布が被さり、上端には直径15cmほどの太い鉢巻が結ばれています。
          
本体の上には、その年の干支などをあしらった豪華な頭飾りが乗せられています。

また、前日(2月16日)には、頭飾りの出来栄えを競う、ぼんでんコンクールが開催されます。

なお、他地域でも、ぼんでんまつりが行われていますが、横手がもっとも盛大で豪華であるため、一般的に「ぼんでん」といえば、この「横手のぼんでん」を指しています。

<日時>
■毎年2月17日
10時~13時頃
    
*ぼんでんコンクールは、前日(2月16日)の9時30分から、例年、横手地域局前おまつり広場で開催されます

<場所>
■秋田県横手市
横手地域局おまつり広場→旭岡山神社
     
・横手地域局前まで、JR横手駅から徒歩10分

<ホームページ>
■横手市観光協会HP

参考…秋田県・横手のぼんでん



    ページのトップへ