くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
弘前公園(桜の名所)

青森県弘前市の中心部(下白銀町)に位置する市の公園。
正式名称は「鷹揚園(おうようえん)」であるが、一般的には「弘前公園」と呼ばれている。
敷地面積は約50ha。
津軽家の居城であった「弘前城」が、明治時代に「弘前公園」として一般開放されたもの。
そのため、公園内には天守、櫓3棟、城門5棟(いずれも国の重要文化財)や濠などが残る史跡。

また、日本を代表する桜の名所。
桜は、江戸時代、弘前藩士が京都から苗木を取り寄せ、植えたのが始まり。
明治以後、市民が続々とソメイヨシノを植栽。
大正に入ると、日本有数の桜の名所となった。

現在では、公園内の桜は約2600本。
その中には、樹齢130年を超える日本最古のソメイヨシノを始め、樹齢100年を超えるソメイヨシノが300本以上も。
例年、桜が開花する4月23日から5月初めにかけて「弘前さくらまつり」が開催され、250万人前後が訪れる。

なお、公園内の「本丸・北の郭」と「弘前城植物園」は有料。
(本丸・北の郭の入園料、大人310円など)

<ホームページ>
■弘前観光コンベンション協会HP
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/

<見頃の時期>
例年4月下旬~5月初め。
弘前さくらまつりは例年4月23日~5月5日。
(年により5月6日まで)

<場所・アクセス>
青森県弘前市下白銀町。
・JR弘前駅より徒歩約25分。
・JR弘前駅前から100円循環バスに乗車、市役所前下車。

*参考…弘前市「弘前公園」



    ページのトップへ