くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
鬼すべ神事

毎年1月7日に、大宰府天満宮(福岡県太宰府市)で行われている神事。

その年の災難消除や開運招福を願い、行われる火祭りです。
鬼を天満宮の鬼すべ堂に追い込み、煙で燻しだして退治します。
     
大宰府天満宮の氏子達が、鬼を追い出す燻手(すべて)と、鬼の味方の鬼警護に分かれて攻防を行ないます。
伝承によれば、986年、道真公の曾孫にあたる菅原輔正(すがわらすけまさ)によって始められました。

1月7日の21時頃に、鬼すべ堂前に積まれた松葉や藁に火がつけられ、燻手が大団扇で煙を鬼すべ堂へ送り込み、鬼を追い出そうとします。
それに対し、鬼警固は堂の板壁を打ち破り、堂内の煙を外に出して鬼を守ります。

結局、鬼は退治され、縛られた上、堂内を七回半、堂外を三回半まわります。
なお、燃え残った板壁は「火除けのお守り」として、持ち帰って玄関先にお祀りします。

<日時>
■毎年1月7日
21時~。

<場所>
■大宰府天満宮
福岡県太宰府市宰府4-7-1
・西鉄電車・太宰府駅下車、徒歩5分。

・福岡空港、JR博多駅から(約1時間)
地下鉄空港線に乗車、天神駅で下車。西鉄天神駅に移動し、西鉄・天神大牟田線に乗車。二日市駅で下車し、太宰府線に乗り換え、大宰府駅下車。

<ホームページ>
■大宰府天満宮

大宰府天満宮
鬼すべ神事:©太宰府市


    ページのトップへ