くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
初詣(はつもうで)

年が明けてから初めて神社や寺院などに参拝する行事。
     
前年の感謝を捧げたり、新年の無事や平安などを祈願します。
一般的には、正月三が日に参拝することを指し、現在では正月三が日に延べ1億人が初詣を行っています。

<初詣の起源>
日本には、元々、年籠りという慣習があり、これが起源とされています。
       
その後、江戸時代になると、氏神に参詣したり、恵方にあたる社寺へ参詣する「恵方参り」が行われるようになりました。
       
現在のように、氏神や恵方とは関係なく、有名な寺社に参詣する形となったのは、明治の中期以降とされています。
       
*年籠り…家長が1年の無事を祈願し、大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に籠る慣習

<初詣・参拝者数の統計>
2009年までは、警察庁が初詣参拝者の全国ランキングを発表していましたが、種々の事情で、同年を最後に発表を取り止めました。
       
その後は、民間の調査会社やメディアなどがランキングを発表していますが、各調査により順位が異なる状況となっています。

なお、2009年の警察庁の調査では、初詣・参拝者数は延べ9939万人。
現在では、1億人を超えていると見られています。

<初詣・参拝者数ベストテン>
1、明治神宮(東京)…319万人
2、成田山新勝寺(千葉)…298万人
3、川崎大師(神奈川県)…296万人
4、伏見稲荷大社(京都)…277万人
5、鶴岡八幡宮(神奈川)…251万人
6、浅草寺(東京)…239万人
7、住吉大社(大阪)…235万人
7、熱田神宮(愛知)…235万人
9、大宮氷川神社(埼玉)…205万人
10、太宰府天満宮(福岡)…204万人
     
*警察庁発表、2009年



    ページのトップへ