くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
花のまわりみち

毎年4月中旬の1週間、造幣局広島支局(広島市佐伯区)で開催される花見。
造幣局広島支局の敷地は、大阪造幣局から移植した八重桜・約200本が咲き誇る桜の名所。
      
造幣局(大阪市)の桜の通り抜け同様、4月中旬の1週間、花見のため、無料で開放されている。
         
*2017年3月現在、61品種219本の桜
*2017年の花のまわりみちは、4月12日から18日まで

<見どころ・注意>
・桜は、遅咲きの八重桜です。
61品種219本(2017年3月現在)の八重桜が豪華絢爛に咲き誇り、また花の色も、品種で異なり、濃い紅色や白、緑色など多彩で、ソメイヨシノとは、また違う魅力があります。
       
・日没後、ぼんぼりなどでライトアップされ、20時まで花見ができます。
       
・期間中、多数の人出で賑わいます。特に土日は混雑します
        
<ホームページ>
■造幣局HP
     
<開催日時>
■毎年4月中旬の1週間
・10時~20時
    
*2017年は4月12日(水)~4月18日(火)
*日没後、ぼんぼりなどでライトアップされます
    
<場所・アクセス>
■広島市佐伯区五日市中央6-3-1
・JR山陽本線又は広島電鉄・五日市駅の北口から、臨時バス(有料)が運行しています



    ページのトップへ