くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
黒船祭

毎年5月に、静岡県下田市で開催される、下田港の開港祭。
       
下田は、幕末、日本が鎖国から開国へ大きく舵を切った、最初の舞台です。
幕末の1853年、アメリカのペリー提督が黒船4隻で浦賀(神奈川県横須賀市)に来航し、鎖国政策を敷いていた日本に開国を求めます。
        
翌1854年、開国を決めた日本は、日米和親条約を締結し、まず、下田が開港されます。
その後、横浜や神戸も開港され、海外との交易の中心は両港町に移りましたが、下田は鎖国から開国に動いた最初の舞台です。
       
1934年(昭和9年)、開港から80周年を記念して、第1回の黒船祭が下田で開催されました。
以降、中断があったものの、今日まで続き、現在では5月の第3土曜日を含む金、土、日の3日間、下田が開港当時(幕末)にタイムスリップします。
         
また、パレードやコンサートなど、国際色豊かなイベントが行われます。

<ホームページ>
■下田市観光協会HP
     
<開催日時>
■5月の第3土曜日を含む金、土、日
   
*2017年は、5月19日~21日
    
<場所・アクセス>
■静岡県下田市・各所
・伊豆急・下田駅下車、すぐ
     
*参考…下田市・黒船祭



    ページのトップへ