くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
祇園白川(桜の名所)

京都市東山区の白川南通沿い地域で、古い町家や料亭が建ち並らぶ茶屋町。

街中に白川(小さな小川)が流れ、石畳の道が続き、芸妓や舞妓さんが通うお茶屋が立ち並び、情緒のある街並みとなっています。
国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。

平安時代、八坂神社の門前町として、芝居小屋やお茶屋がつくられたのが町の始まりで、江戸時代後半から明治にかけて最盛期を迎え、現在も茶屋町として賑わっています。

この白川沿いに桜が植えられており、京都を代表する桜の名所になっています。
桜は43本(ソメイヨシノ32本、しだれ桜7本、山桜3本、里桜1本)で、3月下旬から4月上旬にかけ、見頃を迎えます。
          
*桜の時期にはライトアップが行なわれていましたが、2017年は白川南通りの安全対策のため、中止となりました
           
<重要伝統的建造物群保存地区>
文化財保護法が規定する文化財のひとつ。
伝統的建造物群保存地区の中で、特に価値が高いもの(国が選定。担当官庁は文化庁)。
        
2017年現在、全国114地区が選定されおり、祇園白川は祇園新橋として指定されています。

<祇園白川の桜>
■計43本。
内訳は、ソメイヨシノ32本、しだれ桜7本、山桜3本、里桜1本。

<見頃時期>
■平年の見頃は3月下旬~4月上旬
ソメイヨシノが満開を迎えた時が、見頃のピークですが、しだれ桜がまだ残っている時がお勧め。
      
*しだれ桜→山桜・ソメイヨシノ→里桜の順に見頃を迎えます
*ソメイヨシノの開花は、京都の開花(気象庁発表)より1日早い
*しだれ桜は、ソメイヨシノより開花・満開ともに1週間早い
*山桜は例年、ソメイヨシノと同時期ですが、年により、やや早くなることもあります

<場所・行き方>
■京都市東山区の白川南通沿い
(祇園新橋周辺。縄手通の東側、新橋通と白川に面する辺り)

・京阪電車・京阪四条駅から北東に徒歩3分。
・阪急電鉄・河原町駅から徒歩5分。

祇園白川
画像:祇園白川

祇園白川
画像:祇園白川

祇園白川
画像:祇園白川
    ページのトップへ