くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
平安神宮例祭

毎年4月15日と16日に、京都市の平安神宮で行われる例祭。
       
4月15日は、平安神宮の祭神・桓武天皇が、781年のこの日、平城京で即位の詔を宣した日。
平安神宮の年中行事で、最も重要な祭儀が行われます。
      
祭儀では、天皇陛下からの勅使がご参向になり、500名にのぼる市民や全国の崇敬者が参列します。
巫女による神楽・平安の舞が奉納されます。
       
翌4月16日は、例祭翌日祭が10時から行われます。
12時からは、神販行事が行われ、大極殿前の特設舞台で、神楽舞、舞楽、花街の舞踊などが奉納されます。

<見どころ・注意>
・16日の翌日祭の12時から行われる神販行事。
大極殿前の特設舞台で、神楽舞、舞楽、花街の舞踊などが演じられます。

・例年、八重紅しだれ桜の見頃の時期にあたります。
八重紅しだれ桜は、しだれ桜とソメイヨシノとともに、京都を代表する桜で、平安神宮の神苑(有料、大人600円など)は、この桜の京都一の名所です。谷崎潤一郎の小説・細雪にも登場する桜で、平年の見頃は4月中旬です。

<日時>
■毎年4月15日、16日
10時~

<場所・アクセス>
■京都市左京区
・地下鉄東西線・東山駅下車、徒歩10分。
・京阪電車・三条駅下車、徒歩15分。
・JR京都駅よりバス、岡崎公園 美術館・平安神宮前下車、北へ徒歩5分。

<ホームページ>
平安神宮HP
     
*参考…平安神宮・例祭

【平安神宮例祭・目次】
・平安神宮例祭とは
・見どころ・注意
・日時
・場所・アクセス
・関連ホームページ


    ページのトップへ