くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
鞍馬の火祭

毎年10月22日、京都市左京区鞍馬で行われる、由岐神社の例祭。
京都三大奇祭の一つ。

祭自体は、22日の9時から翌日2時頃まで行われますが、メインとなる行事は18時から24時頃まで。
鞍馬寺とその参道、鞍馬街道の沿道で行われます。

18時、「神事にまいらっしゃれ」の合図で、沿道の松明に火が点火され、少年たちが小さな松明を担いで町を練り歩きます。
      
19時半頃から、これに大松明を担いだ大人たちも加わります。
      
20時頃から大松明が鞍馬寺の山門前に集まり始め、集まると「サイレヤー、サイリョウ」という掛け声の大合唱となり、祭りはクライマックスを迎えます。

21時過ぎ、2基の神輿(八所大明神、由岐大明神)が由岐神社を出発し、急な参道の石段を下り、鞍馬の町に。
神輿は町内を練り歩き、御旅所に安置されます。
       
その後、神楽の奉納が行われ、神楽松明が境内をまわります。
翌23日の2時頃、神輿が御旅所から本殿へ御帰りになる還幸祭が行われ、鞍馬の火祭は終了となります。

  *参考…由岐神社・鞍馬の火祭

<祭りの起源>
鞍馬寺の鎮守社である由岐神社(由岐明神)は、元々、平安京の内裏に祀られていました。
その後、平安中期に戦乱や災害が相次いだため、当時の朱雀天皇の命により、都の北の守りとして鞍馬へ遷宮されることになりました。

940年に行われた遷宮は、鞍馬までの道にかがり火が焚かれ、行列は1kmに及んだ盛大な儀式であったと伝えられています。
この遷宮の儀式が、鞍馬の火祭りの起こりとなっています。

<日時>
■毎年10月22日。
*祭り自体は、朝9時から翌日2時まで行われますが、メインとなる行事は18時から24時頃まで。
(雨天決行)

<場所・アクセス>
■京都市左京区鞍馬
*鞍馬寺とその参道、鞍馬街道沿道で行われます

・叡山電鉄・鞍馬駅下車すぐ
*京都駅からは、JR奈良線で東福寺駅に。京阪電車に乗り替え、出町柳駅に。出町柳駅で叡山電鉄・鞍馬線に乗車。

<ホームページ>
■由岐神社HP



    ページのトップへ