くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
仁和寺(桜の名所)

京都市右京区御室大内にある真言宗御室派総本山。
     
888年に、宇多天皇が創建したお寺です。
以降、法親王が住持し、御室御所と呼ばれました。
       
現在では、皇族が門跡に就かないため、旧御室御所と呼ばれています。
         
八重咲きで樹高が低い、遅咲きの里桜・御室桜で有名な桜の名所です。
京都を代表する桜の名所で、御室桜の写真(背景に五重の塔)が、京都の観光パンフによく使われています。
       
境内・中門をくぐった西側に約200本が咲き誇り、京都の桜のラストを飾ります。
御室桜があまりにも有名ですが、ソメイヨシノもあります。
       
*桜の時期は、入園料が必要。大人500円、小中学生200円
  
<見頃時期>
■4月中旬(御室桜)
*拝観時間は9時~17時
*境内のソメイヨシノは4月上旬に見頃を迎えます。
 
<場所・アクセス>
■京都市右京区御室大内
・京都駅から市バス、御室・山越行きに、御室仁和寺で下車、すぐ。
*京都駅から約40分。バスは1時間に3本程

仁和寺
仁和寺:©ぱくたそ
    ページのトップへ