くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
終い弘法(しまいこうぼう)

毎年12月21日に、京都・東寺の境内とその周辺で開催される縁日(弘法市)。

弘法大師の月命日にあたる21日は、毎月、東寺で縁日・弘法市が開かれています。
文献によれば、鎌倉時代には、すでに行われていた縁日です。

12月21日は、その年の最後の縁日となることから、終い弘法と呼ばれ、正月用の食材や飾りを買い求める人々で、いつも以上の賑わいとなります。
       
千を超える出店があり、例年、全国から数十万人が訪れます。
25日に開催される北野天満宮の縁日・天神市とともに、年末の風物詩となっています。

<日時>
■毎年12月21日
朝5時ごろから夜まで。

<場所・アクセス>
■東寺(京都市南区九条町)
・JR京都駅から徒歩10分
・近鉄東寺駅から徒歩5分

<見どころ>
・縁日自体は全国各地で開催されていますが、もっとも規模の大きな一つです。
      
・25日に北野天満宮で開催される天神市ととも、京都を代表する縁日です。
         
・京都の骨董品や工芸品、食品や、全国各地の特産品が集まります。京都の文化にふれることができます。
         
・京都駅から徒歩(約10分)で行くことができる便利な場所です。

<注意>
・雨天でも開催されます。
     
・大変な混雑となります。特に21日が土日の場合、周辺はもちろん、かなり広い範囲まで渋滞となります。
      
・朝早くから夜遅くまで開催されますが、夕方(16時頃)から店仕舞いが増えてきます(売り切ったところで店仕舞いとなります)。

春の東寺
春の東寺


    ページのトップへ