くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
仙台・青葉まつり

毎年5月第3日曜日(本まつり)と、その前日(宵まつり)に、仙台市で行われる祭り。
松焚祭、仙台七夕まつりとともに、仙台三大まつりのひとつ。

宵まつりのメインイベントは、仙臺すずめ踊り。
    
本まつりは、勇壮な山鉾と武者行列。
仙台のメインストリートを練り歩きます。

<起源>
江戸時代に行われていた、仙台藩最大の祭り・仙台祭が起源。
1655年に始まったこの祭は、毎年9月17日に、仙台市青葉区の東照宮の祭りとして、藩をあげて盛大に行われていた。

この仙台祭は、明治に入ると伊達政宗公を祀る青葉神社(仙台市青葉区)の礼祭に変わり、政宗公の命日である5月24日に執り行われるようになった。
また、祭り名も、青葉祭りと呼ばれるようになった。
       
しかし、この青葉祭りは、昭和40年代後半、交通事情により途絶えた。

昭和60年、伊達政宗公没後350年を記念して、途絶えていた青葉まつりが市民まつりとして復活。
以後、毎年行われることになった。

<宵まつり>
毎年5月第3日曜日の前日に、市内各所に設けられた演舞場やメインストリート(定禅寺通り、中央通、一番通)で、すずめ踊りが行われる。
約4千人が乱舞し、街中にお囃子が鳴り響きます。
       
すずめ踊りは、仙台城が築城された時の宴の席で、石工さん達が即興で踊ったものが起源。
お囃子に合わせ飛び跳ねる様子が、まるで雀のようなことから、すずめ踊りと呼ばれるようになりました。

<本まつり>
市内中心部において、青葉神社の神輿渡御、稚児行列、勇壮な甲冑姿の武者行列、豪華絢爛11基の山鉾巡行、約2千人のすずめ踊りの大流しが行われます。

<公式ホームページ>
■仙台・青葉まつり
http://www.aoba-matsuri.com/index.html

*参考…仙台市・青葉まつりとは



    ページのトップへ