くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
長崎くんち

毎年10月7日から9日まで開催される、長崎の氏神・諏訪神社の秋季大祭。
国指定の重要無形民俗文化財です。

1643年、2人の遊女が謡曲・小舞を、諏訪神社神前に奉納したことが始まりと言われています。
以来、年々盛んになり、氏子にあたる長崎市内の各町が、演し物と呼ばれるさまざまな演目を奉納するようになりました。

現在では、長崎市にある59の町が、7組に分かれて、年ごとに奉納するシステムとなっています。
その年、当番に当たった町を「踊り町」と呼び、7年に一度、踊り町が回ってきます。

川船、龍踊りなどの演し物は、複数の町が奉納するため、毎年あるいは1年毎に見ることができますが、コッコデショ、鯨の潮吹きなどは一つの町しか行わないため、7年に1度しか見ることができません。

<日時>
■毎年10月7日~9日。
午前7時~

<場所>
■長崎市市内・中心部
長崎くんちの奉納踊は、有料の本場所と無料の庭先回りなどで観ることができます。
*長崎駅(観光案内所)などで、庭先回りの予定地図が配布されています。

■有料の本場所
・諏訪神社(長崎県長崎市上西山町)
*無料観覧席もありますが、事前応募による抽選です
       
・お旅所(長崎市元船町)
・八坂神社(長崎市鍛冶屋町)
・公会堂前広場(長崎市桜町)

<ホームページ>
■長崎くんち公式サイト
     
*参考…長崎市、長崎県・長崎くんち



    ページのトップへ