くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
七草(ななくさ)

1月7日に、7種の野菜(春の七草)が入った粥(かゆ)を食べる風習。

春の七草は、せり、なずな、ごぎょう(ハハコグサ)、はこべら(ハコベ)、ほとけのざ(コオニタビラコ)、すずな(カブ)、すずしろ(ダイコン)

日本には、古来から芽を出した草を摘む・若菜摘みという風習があり、これに中国からの風習(1月7日に7種類の野菜を入れた汁物を食べて無病を祈る風習)が加わり、現在の形の風習になったと言われています。

古くから行なわれていましたが、江戸時代に広く定着しました。
      
なお、この七草がゆには、御節料理で疲れた胃を休め、冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあります。

    ページのトップへ