くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
若草山焼き

毎年1月に、奈良市の若草山で行われる山焼き。
     
現在では、1月第4土曜日の18時から行われる。
なお、雨天の場合は1週間後に延期されます。
     
いつから始まったのか定かでありませんが、江戸時代には行われていたようです。
始まった理由についても、多数の説があります。

現在では、冬の奈良を代表する観光イベントのひとつ。
山焼きの前に、花火が打ち上げられています。
         
見学場所としては、奈良公園(東大寺の東側)など。

<若草山>
奈良市・奈良公園の東端に位置する標高342mの山。
山全体が芝生でおおわれており、三つの笠を重ねたような形をしているため、別名・三笠山とも呼ばれています。

<日時>
■1月第4土曜日の18時から
*雨天の場合は、1週間後に延期。

<場所>
■奈良市の奈良公園内・若草山一帯
・JR奈良駅、近鉄奈良駅から奈良交通バス市内循環外回り・大仏春日大社前下車、山麓まで徒歩約15分。

*若草山山麓での鑑賞は迫力満点ですが、火の粉や煙が降り掛かる場合や、すすや匂いが服に移ることもあります。ご注意を
      
*最高の見学場所と言われているのが、奈良県庁の屋上広場です。ただし、人気のため、若草山焼当日(17:45~19:15)は、事前申込による抽選(定員250名)となります。前年の11月頃に往復はがきによる事前申込を行ない、抽選に当選(定員250名)すれば、1通で2人まで入場できます。詳しくは奈良県庁まで(電話0742-27-8406)

<ホームページ>
■奈良市観光協会

若草山
若草山


    ページのトップへ