くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
造幣局・桜の通り抜け

毎年4月中旬の1週間、大阪の造幣局(北区天満)で開催される花見。

造幣局は、大阪を代表する桜の名所です。
元々、造幣局の敷地は、江戸時代、藤堂藩の大阪蔵屋敷が、里桜を育成していた場所です。

明治に造幣局が造られたとき、この里桜を受け継いだと言われています。
   
明治16年、時の局長が、
「局員だけの花見ではもったいない。市民とともに楽しもうではないか」
と一般開放しました。
     
以後、毎年4月中旬の1週間、造幣局構内・全長560mの通路が花見のために開放されています。

なお、通り抜けは、造幣局南門(天満橋側)から、北門(桜宮橋側)への一方通行です。
一方通行のため、通り抜けという名称が付きました。
    
桜は、遅咲きの八重桜が大半で、2017年3月現在、約134品種350本です。

<日時>
■毎年4月中旬の1週間
・平日…10時~21時。
・土日…9時~21時。
     
*日没後、ぼんぼりなどでライトアップされます

<場所>
■造幣局(大阪市北区天満)
     
・地下鉄谷町線・天満橋駅、または京阪電車・京阪天満橋駅から徒歩10分。

<ホームページ>
■造幣局HP



    ページのトップへ