くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
長浜曳山まつり

毎年4月に、滋賀県長浜市で行なわれている長浜八幡宮の春の祭礼。
京都の祇園祭、高山市の高山祭ともに日本三大山車祭の一つ。

豪華絢爛な曳山とその曳山の舞台で行われる子ども歌舞伎が見どころ。
そのため、祭り自体は4月9日から17日まで行われますが、曳山が登場し、子ども歌舞伎が行われる4月13日~16日を一般的に祭りの期間とされています。

長浜曳山まつりは、安土桃山時代、当時、長浜城主だった豊臣秀吉が初めての男の子が生まれたことを喜び、城下の町民に金を振る舞ったことが始まり。
町民はこれをもとに、八幡宮の祭礼のため12台の山車(曳山)を作りました。
以後、町の発展とともに、この曳山も豪華絢爛なものとなりました。
(長浜は、江戸時代以降、北国街道の宿場町として発展します)

現在、13基の曳山があり、そのうちの12基(鳳凰山、高砂山、猩々丸、壽山、翁山、常磐山、萬歳楼、孔雀山、青海山、月宮殿、諫皷山、春日山)が、それぞれ3年に1度、子ども歌舞伎を行ないます。
(毎年4基の曳山が子ども歌舞伎を行う)

<ホームページ>
■長浜市曳山博物館
http://www.nagahama-hikiyama.or.jp/

<日時>
4月13日~16日
(祭り自体は4月9日~17日)

<場所>
長浜市街地一帯
・JR琵琶湖線「長浜駅」下車、徒歩5分。



    ページのトップへ