くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
羽子板市(浅草寺)

毎年12月17日から19日に、東京・台東区の浅草寺境内で開かれている、羽子板の市。
          
年末の風物詩となっており、多くの人で賑わいます。
販売されている羽子板は、有名人物、人気タレント、スポーツ選手が描かれている「押絵羽子板」と呼ばれるものです。

*羽子板市は、浅草寺以外でも行われていますが、もっとも有名で年末の風物詩となっているのが、浅草寺で行われている羽子板市です。羽子板市の代名詞となっています。

<浅草寺・羽子板市の歴史>
毎月18日は、観音さまのご縁日で、古くから多数の参拝者が浅草寺を訪れていました。
         
特に、12月のその年最後の縁日は、納めの観音と呼ばれ、さらに多くの参拝者が訪れ、境内では、日用品や正月用品を取り扱う、歳の市が江戸時代から開かれていました。

その後、縁起物の羽子板が、歳の市の主力商品となり、戦後、羽子板市と呼ばれるようになりました。
現在では、納めの観音の前後も含め、12月17~19日に羽子板市が開催され、境内には数十軒の羽子板の露店が軒を連ねます。

<羽子板>
長方形で柄のある板。
羽根突きに用いる遊具の羽子板と、飾り羽子板に分かれる。
       
室町時代に、羽根突きの遊具として用いられていた羽子板が、邪気を跳ね返す板として、厄払い、魔除けの縁起物となり、女の子に贈る風習が出来ました。
    
江戸時代中期になると、現在、羽子板市で売られている押絵羽子板が作られ、江戸末期からは歌舞伎の役者絵が画題となり、現在では、有名タレントやその年に活躍された人物も画題となっています。

<日時>
■毎年12月17日~19日
9時頃~21時頃まで

<場所・行き方>
■浅草寺境内
東京・台東区浅草
    
・東武伊勢崎線・浅草駅下車、徒歩5分
・東京メトロ銀座線・浅草駅下車、徒歩5分
        
・つくばエクスプレス・浅草駅下車、徒歩5分
・都営地下鉄浅草線・浅草駅下車、徒歩7分

<ホームページ>
■浅草寺HP

*参考…浅草寺・羽子板の市、東京都・羽子板市



    ページのトップへ