冬まつり情報
   ホーム    旅・観光情報
【冬まつり情報・目次】
<12月の祭り>
・秩父夜祭(埼玉)
・嵐山花灯路(京都)
・神戸ルミナリエ(兵庫)
・仙人風呂(和歌山)

<1月の祭り>
・層雲峡氷瀑まつり(北海道)
・野沢温泉の道祖神祭り(長野)
・白川郷ライトアップ(岐阜)
・若草山焼き(奈良)
・鷽替え神事・鬼すべ神事(福岡)
・名護さくら祭り(沖縄)

<2月の祭り>
・さっぽろ雪まつり(北海道)
・小樽雪あかりの路(北海道)
・旭川冬まつり(北海道)
・横手のかまくら(秋田)
・河津桜まつり(静岡)
・梅花祭(京都)
 秩父夜祭
                       
毎年12月2日(宵宮)と3日(大祭)、埼玉県秩父市で行なわれている秩父神社の例大祭。
300年を超える歴史を持ち、京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに日本三大曳山祭りのひとつ。
絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が、街を曳行されます。

クライマックスは3日の夜。
18時半頃、御神幸行列が秩父神社を出発。その後ろに笠鉾、屋台が続き、御旅所を目指す。
御旅所到着が20時~22時頃。
また、奉納花火も打ち上げられます。

<日時>
・毎年12月2日、3日
2日は宵宮、3日が大祭

<場所・アクセス>
■埼玉県秩父市
・秩父鉄道「御花畑駅」
・西武秩父線「西武秩父駅」

<ホームページ>
・秩父観光なびHP
 嵐山花灯路
                       
毎年12月に京都・嵐山地区で開催されるライトアップイベント。
嵯峨野の野宮神社から大河内山荘に至る「竹林の散策路」や、渡月橋が幻想的にライトアップされる。
12月中旬の10日間行われ、時間は17時~20時30分まで。

<日時>
・毎年12月中旬の10日
17時~20時30分まで

<場所・アクセス>
■京都市・嵐山地区一帯
・阪急電鉄嵐山駅下車、すぐ。
・JR西日本「嵯峨嵐山駅」下車、すぐ

<ホームページ>
・嵐山花灯路公式HP
 神戸ルミナリエ
                       
毎年12月に、神戸市の旧外国人居留地や東遊園地で開催されている光の祭典。
独特の幾何学模様で構成されたイルミネーションで、通りや広場を飾る。
阪神・淡路大震災犠牲者の追悼と、街の復興を祈念して、1995年に始まった。
毎年、約350万人~400万人が訪れる冬の恒例イベントとなっている。

<日時>
・毎年12月の初旬から中旬にかけての10日間

<場所・アクセス>
■神戸市中央区の旧外国人居留地、及び東遊園地
・阪神、JRの「元町駅」から徒歩5分。

<ホームページ>
・神戸ルミナリエ公式HP
 仙人風呂
                       
毎年冬場(12月~翌年3月中旬)に、本宮温泉郷(和歌山県田辺市)の一つ「川湯温泉」の河原に造られる巨大な露天風呂。
川湯温泉の河原は、どこを掘っても、70℃を超える温泉が湧きます。
それを利用して、河原を掘り、大きな露天風呂を。

実際、千人が入浴できる大きさで、仙人が住むような山奥にできた「千人が入れる露天風呂」から、仙人風呂という名前に。
(仙人と千人を掛けています)
天然の河原に造られた露天風呂ですから、川が増水すると崩壊します。
一度崩壊すると、巨大な露天風呂のため温度調節に時間が掛かり、復旧に1週間前後掛かります。

<日時>
・毎年冬場(12月~翌年2月末)
(入浴時間は6時30分~22時まで。無料)

<場所・アクセス>
■川湯温泉(和歌山県田辺市本宮町)
・JR紀伊田辺駅(紀勢本線)からバス(龍神バス、明光バス)、川湯温泉で下車。
・JR新宮駅(紀勢本線)からバス(熊野交通、奈良交通)、川湯温泉で下車。

<ホームページ>
・熊野本宮観光協会HP
 層雲峡氷瀑まつり
                       
毎年冬に、層雲峡(北海道・上川町)で開催されている氷のイベント。
石狩川河川敷に建造物やオブジェなどが氷で作られ、夜には七色の光でライトアップされます。
また、土日には花火も。

<日時>
・例年1月の中旬から3月末頃まで
(2017年は1月25日~3月20日)
(8時30分~22時)

<場所・アクセス>
■北海道・上川町層雲峡温泉
・JR旭川駅、または上川駅からバス。
上川からは約35分。旭川から約110分。

<ホームページ>
・層雲峡観光協会HP
 野沢温泉の道祖神祭り
                       
毎年1月15日に、長野県・野沢温泉村馬場ノ原で行われている火祭り。
小正月に行われる「どんと焼き」のひとつと言われ、国の重要無形民俗文化財であるとともに日本三大火祭りのひとつ。

高さ10数メートル、広さ8メートル四方の社殿が作られ、15日20時から花火、道祖神太鼓が披露されたあと、その社殿を守る攻防戦が行われます。
最後には社殿に火がつけられ、豪快な炎が夜空を焦がし、社殿は燃え尽きます。
火付けをするのは一般村民、それを防いで社殿を守るのが25歳の厄年、42歳厄年の男衆。

<日時>
・毎年1月15日
主な行事は20時~

<場所・アクセス>
■長野県・野沢温泉村馬場ノ原(横落地区)
・JR戸狩野沢温泉駅から村営バス「野沢温泉行き」で20分。終点「野沢温泉」下車すぐ。

<ホームページ>
・野沢温泉観光協会HP
 白川郷ライトアップ
                       
毎年冬に、合掌造りの白川郷(岐阜県白川村)で行なわれているライトアップイベント。
雪の降り積もった白川郷の中に、ライトアップされた合掌造りの家屋が幻想的に浮かび上がります。

<日時>
・1月中旬から2月中旬の日曜日を中心に7日程度
17時30分~19時30分まで。

<場所・アクセス>
■岐阜県白川村
・白川郷までは、高山駅(濃飛バス)、金沢駅(濃飛バス)、高岡駅(加越能バス)、名古屋駅からバス(岐阜バス)からバスが出ています。
*高山駅発が、もっとも本数が出ています。
*予約制のバスもあります。

<ホームページ>
・白川郷ライトアップ公式HP
 若草山焼き
                       
毎年1月に、奈良市の若草山で行われる山焼き。
いつから始まったのか定かでありませんが、江戸時代には行われていたようです。
現在では、観光イベントのひとつ。
山焼きの前に、花火が打ち上げられています。

見学場所としては、興福寺五重塔近辺の奈良公園、薬師寺西ノ京の大池、平城宮跡などがベスト。
*山の近くは火の粉が飛んできたり、すすや匂いが服に。ご注意を。

<日時>
・1月第4土曜日の18時から
(雨天の場合は、1週間後に延期)

<場所・アクセス>
■奈良市の奈良公園内「若草山一帯」
・JR奈良駅、近鉄奈良駅から奈良交通バス市内循環外回り「大仏春日大社前」下車、山麓まで徒歩約15分。
*見学場所としては、興福寺五重塔近辺の奈良公園、薬師寺西ノ京の大池、平城宮跡なども。

<ホームページ>
・奈良県観光情報HP
 鷽替え神事・鬼すべ神事
                       
毎年1月7日に、大宰府天満宮(福岡県太宰府市)で行なわれている神事。
鷽替え神事は、参加者が「木彫りの鷽」を交換し、一年間の幸福を祈念する神事。
木うそ(初穂料として千円)を購入すれば、誰でも参加できます。
「替えましょう 替えましょう」
の掛け声の中、すれ違った人と「木うそ」を互いに取り替えます。
(昨年ついた嘘を清算する意味があります)

鬼すべ神事は、その年の災難消除や開運招福を願い、行われる火祭り。
鬼を天満宮の「鬼すべ堂」に追い込み、煙で燻しだして退治します。
大宰府天満宮の氏子達が、鬼を追い出す「燻手(すべて)」と鬼の味方の「鬼警護」に分かれて攻防を。
結局、鬼は退治され(お約束です)、縛られた上、堂内を七回半、堂外を三回半まわります(引き回しです)。
なお、燃え残った板壁は「火除けのお守り」として、持ち帰って玄関先にお祀りします。

<日時>
・毎年1月7日
鷽替え神事…19時~
鬼すべ神事…21時頃~

<場所・アクセス>
■大宰府天満宮(福岡県太宰府市宰府4ー7ー1)
・西鉄電車「太宰府駅」下車。徒歩5分。

<ホームページ>
・大宰府天満宮HP
 名護さくら祭り
                       
毎年1月下旬に、沖縄県名護市の名護中央公園を中心に行なわれている桜祭り。
「日本の春はここからはじまる」が桜祭りのキャッチフレーズとなっている。
名護中央公園は、名護城跡を中心に整備された公園で、園内には約5千本のヒカンザクラ。
公園の展望台からは、東シナ海が見える風光明媚な場所です。

また、市内中心部(さくら公園、名護十字路大通り)で、多数のイベントが行われます。
(エイサー、獅子舞、仮装行列、パレードなど)

<日時>
・毎年1月下旬の土日

<場所・アクセス>
■沖縄県名護市、名護中央公園(沖縄県名護市東江、名護城跡一帯)
入場料…無料
・名護バスターミナルまで、那覇空港から高速バスで約1時間30分。

<ホームページ>
・名護市観光協会HP
 さっぽろ雪まつり
                       
毎年2月(約1週間)に、札幌市の3会場(大通会場、つどーむ会場、すすきの会場)で行われる雪祭り。
多数の雪像、氷象が作られ、来場者は例年200万人を超える。
日本を代表する雪祭りであるとともに、世界的にも有名。

<日時>
・毎年2月前半の1週間

<場所・アクセス>
■大通会場(メイン会場)
大通公園西1丁目~西12丁目。
・地下鉄南北線、東西線、東豊線「大通駅」下車すぐ。
■つどーむ会場
札幌市東区栄町「札幌コミュニティドーム」。
・地下鉄東豊線栄町駅より徒歩15分。期間中、市内各所からシャトルバスが運行されます。
■すすきの会場
南4条通りから南6条通りまでの駅前通りに氷像が展示されています。
・地下鉄南北線「すすきの駅」下車すぐ。

<ホームページ>
・さっぽろ雪まつり公式HP
 小樽雪あかりの路
                       
毎年2月(10日間)に、北海道小樽市で行なわれているライトアップイベント。
古い街並みをキャンドルの灯火で優しく照らすイベント。

ライトアップは市内各所で行われますが、中でも「小樽運河」。
小樽運河の水面に、多数の浮き玉キャンドルの灯火が光り輝く景色は、特に幻想的。
(ライトアップは、17時〜21時)
また、それ以外にも多数のイベント(ガラス市など)が行われます。

<日時>
・毎年2月の10日間

<場所・アクセス>
■北海道小樽市
小樽市内各所で行われますが、メーン会場は「手宮線会場」と「運河会場」。
・手宮線会場…JR小樽駅から東へ500m(徒歩7分)
・運河会場…JR小樽駅より東へ700m(徒歩10分)
*小樽駅からはバスも運行されています。

<ホームページ>
・小樽雪あかりの路公式HP
 旭川冬まつり
                       
毎年2月に、北海道旭川市で行われている冬のイベント。
会場は旭橋河畔会場(メイン会場)、平和通買物公園。
メイン会場には大雪像の他、多数の雪像。
開会日と閉会日の夜は、豪快な花火が打ち上げられます。
また、氷彫刻世界大会が、平和通買物公園で開催されます。

<日時>
・毎年2月の6日間程

<場所・アクセス>
■北海道旭川市
会場は旭橋河畔会場(メイン会場)、平和通買物公園。
・期間中、旭橋河畔会場まではJR「旭川駅」から無料シャトルバスが運行されています。

<ホームページ>
・旭川冬まつり公式HP
 横手のかまくら
                       
毎年2月14日~16日に、秋田県横手市で行われている小正月行事。
400年前から行なわれている、井戸の近くに雪室(かまくら)を作り、水神様をまつる行事。

かまくらの中に入って、正面にまつられている水神様にお賽銭を上げて、家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを祈願する。
雪室の中には、子供たちがいて、「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」といいながら、甘酒やおもちをふるまいます。

<日時>
・毎年2月15日~16日
18時~21時

<場所・アクセス>
■秋田県横手市
・横手地域局前道路公園、横手公園、羽黒町武家屋敷通り、二葉町かまくら通り
(上記の各会場を巡回する巡回バスが運行されます)
・横手駅からメイン会場の横手地域局前までは約600m(徒歩10分)

<ホームページ>
・横手市観光協会HP
 河津桜まつり
                       
静岡県賀茂郡河津町(伊豆半島の南部)で、「河津桜の見頃」にあわせて行われる桜まつり。
期間中、河津町の地場産品や加工品販売の出店があるほか、峰温泉の河津桜トンネルや、館橋から浜橋(河口)までの桜並木、河津七滝ループ下の河津桜、かじやの桜などがライトアップされる。
伊豆の踊り子との記念撮影や河津桜ミニコンサートなども行なわれます。

<日時>
・毎年2月10日頃~3月10日頃まで

<場所・アクセス>
■静岡県賀茂郡河津町
・伊豆急行「河津駅」から桜並木が続いています。
桜並木(川沿い)は3キロ以上。

<ホームページ>
・河津町観光協会HP
 梅花祭
                       
2月25日に、京都市上京区の北野天満宮で行われる祭典。
2月25日は、北野天満宮の御祭神・菅原道真公の命日。
梅の花を供えることから「梅花御供(ばいかのごく)」とも呼ばれている。

また同日は、太閤・豊臣秀吉公が当宮境内で「北野大茶湯」を催した故事に因んで、野点(10時~15時まで)が行われる。
(野点拝服…有料)

<日時>
・毎年2月25日
10時~(約50分)

<場所・アクセス>
■京都市上京区馬喰町
・JR京都駅から市バス、「北野天満宮前」下車すぐ。
・地下鉄二条駅、JR円町駅、地下鉄今出川駅、京阪出町柳駅、京阪三条駅、阪急四条大宮駅からも市バス、「北野天満宮前」下車。

<ホームページ>
・北野天満宮HP

*祭り・イベント等は種々の事情により、中止、あるいは内容等が変更されることもあります。
主催者発表の最新の情報でご確認願います。


   ページのトップへ