ラベンダー名所情報
  ホーム   旅・観光情報
【ラベンダーの名所情報・目次】
<北海道>
・ファーム富田(中富良野)
・北星山町営ラベンダー園(中富良野)
・彩香の里(中富良野)
・日の出公園(上富良野)
・かんのファーム(上富良野)
<山梨県>
・八木崎公園・大石公園(富士河口湖町)
 ファーム富田(中富良野)
                       
富良野を代表するファーム。
15haのラベンダー畑が広がります。
富良野のラベンダーといえば、最初に名前が上がる名所です。

<平年の見頃>
・7月中旬~7月下旬。
(8時30分~18時)

<場所・アクセス>
■中富良野町北星
・JR富良野線「ラベンダー畑駅」から徒歩約7分。 ・JR富良野線「中富良野駅」から徒歩約25分。 ・JR旭川駅、旭川空港からバス、「中富良野」下車、徒歩25分。

<入園料>
・無料

<ホームページ>
・ファーム富田HP
 北星山町営ラベンダー園
                       
町営のラベンダー畑です。
山の斜面(山というより丘)がラベンダー畑となっており、山頂には東屋が設置され、富良野盆地を見渡せます。
山頂までの標高差が約80m。
歩いて登る以外に、リフトが設置されています。
(山頂へ登るリフトは往復・大人300円、こども200円)

<平年の見頃>
・7月中旬~7月下旬。
(9時~17時)

<場所・アクセス>
■中富良野町宮町1ー41
・JR富良野線「中富良野駅」から徒歩約10分。
・JR旭川駅、旭川空港からバス、「中富良野」下車、徒歩10分。

<入園料>
・無料

<ホームページ>
・中富良野町HP
 彩香の里
                       
富良野盆地を見下ろす広大な丘にある6ヘクタールの広大なラベンダー畑です。
映画のロケ地としても有名な場所です。

<平年の見頃>
・7月中旬~7月下旬

<場所・アクセス>
■北海道中富良野町丘町6-1
・JR「中富良野駅」から徒歩20分

<入園料>
・無料

<ホームページ>
・彩香の里HP
 日の出公園
                       
上富良野の町営ラベンダー園。
小高い丘の上に位置し、展望台から、十勝岳連峰が見渡せます。

<平年の見頃>
・7月中旬~7月下旬

<場所・アクセス>
■北海道上富良野町東1線北27号
・JR「上富良野駅」から徒歩約15分。

<入園料>
・無料

<ホームページ>
・かみふらの十勝岳観光協会HP
 かんのファーム
                       
国道237号線沿いの上富良野町と美瑛町の境、十勝岳連峰が見渡せる丘にある農園です。
シーズンにはラベンダーはもちろん、その他の作物も作られ、畑がパッチワークのような景色に。

<平年の見頃>
・7月中旬~7月下旬

<場所・アクセス>
■北海道上富良野町西12線北36号(美馬牛峠)
・JR美馬牛駅から徒歩10分。

<入園料>
・無料

<ホームページ>
・かみふらの十勝岳観光協会HP
 八木崎公園・大石公園
                       
富士山の麓、河口湖周辺の公園です。
2つの公園、合わせて10万株のラベンダーが咲き誇ります。
見頃の時期には、「河口湖ハーブフェスティバル」が開催され、いろんなイベントが行われます。

<平年の見頃>
・6月下旬~7月中旬

<場所・アクセス>
■山梨県富士河口湖町
・八木崎公園…富士急行「河口湖駅」からレトロバス西湖・青木ヶ原線に。八木崎公園下車。
・大石公園…富士急行「河口湖駅」からレトロバス河口湖線に。終点・河口湖自然生活館下車。

<入園料>
・無料

<ホームページ>
・富士河口湖HP

 ・ ラベンダー見頃情報

*見頃の時期は、気温の推移により変わってきます。最新の情報でご確認を。

【ラベンダー】
シソ科の背丈の低い常緑樹。
原産地は、地中海沿岸。
高温多湿を嫌う植物で、ポプリ、ハーブティー、アロマセラピー、観賞用に利用される。

日本では、北海道・富良野地方が有名。
北海道における開花時期は、
『早咲き』品種が、6月下旬~7月上旬。
『遅咲き』品種は、7月中旬から下旬。
見頃のベストは、早咲きが終了間近、遅咲きが始まった7月中旬。
   ページのトップへ