桜の名所情報
   ホーム    旅・観光情報
【桜の名所情報・目次】
<日本を代表する名所☆☆☆>
1、弘前公園(青森県弘前市)
2、祇園白川(京都市)
3、一本桜(岩手県雫石町)
4、角館(秋田県仙北市)
5、舟川(富山県朝日町)

<地域を代表する名所☆☆>
6、高遠城址公園(長野県伊那市)
7、吉野山(奈良県)
8、高田公園(新潟県上越市)
9、三多気の桜(三重県津市)
10、龍安寺(京都市)

 弘前公園(青森県弘前市)
                       
津軽家の居城であった「弘前城」が、明治時代に公園として一般開放されたもの。
日本を代表する桜の名所で、園内の桜は約2600本。
その中には、樹齢130年を超える日本最古のソメイヨシノを始め、樹齢100年を超えるソメイヨシノが300本以上も。
例年、桜の季節には250万人前後が訪れます。

<見どころ>
・城(天守、櫓、城門、濠)と巨木のソメイヨシノのコラボ。
・散り始めると、花びらが濠を埋め尽くし、ピンクの絨毯となります。

<平年の見頃>
・4月下旬~5月初め。

<場所・アクセス>
■青森県弘前市下白銀町。
・JR弘前駅より徒歩約25分。
・JR弘前駅前から100円循環バスに乗車、市役所前下車。

<入園料>
公園内の「本丸・北の郭」と「弘前城植物園」は有料ですが、それ以外の区域は無料。
(本丸・北の郭の入園料…大人310円など)

<ホームページ>
・弘前観光コンベンション協会HP
 祇園白川(京都)
                       
京都市東山区の白川南通沿い地域で、古い町家や料亭が建ち並らぶ茶屋町。
街中に白川が流れ、石畳の道が続き、芸妓や舞妓さんが通うお茶屋が立ち並び、情緒のある街並みとなっています。
この白川沿いに桜が植えられており、京都を代表する桜の名所。
桜は43本(ソメイヨシノ32本、しだれ桜7本、山桜3本、里桜1本)で、桜の時期にはライトアップも行われます。

<見どころ>
・京都らしい情緒のある街並みと桜の景観です。

<平年の見頃>
・3月下旬~4月初め。

<場所・アクセス>
■京都市東山区の白川南通沿い。
(祇園新橋周辺。縄手通の東側、新橋通と白川に面する辺り)
・京阪電車「京阪四条駅」から北東に徒歩3分。
・阪急電鉄「河原町駅」から徒歩5分。
 一本桜(岩手県雫石町)
                       
小岩井農場の樹齢100年を超える桜(エドヒガン)。
岩手山をバックに、一本の巨木が咲き誇っている姿は、日本を代表する「桜の景観」。

<見どころ>
・広大な牧場に咲く1本の巨木の桜と、雪の被った「岩手山」のコラボ光景。

<平年の見頃>
・5月上旬~中旬。

<場所・アクセス>
■岩手県雫石町丸谷地36ー1
・JR盛岡駅から、バスで35分(小岩井農場まきば園行き、あるいは網張温泉行き)。

<ホームページ>
・雫石観光協会
 角館(秋田)
                       
角館は江戸時代、芦名氏、佐竹北家の城下町として栄えました。
現在も、武家屋敷など当時の町並みが残り、「みちのくの小京都」と呼ばれています。
この町に450本のシダレザクラの大木があり、日本情緒豊かな桜の名所となっています。
(450本のうち162本は、国の天然記念物の桜です)

<見どころ>
・みちのくの小京都と言われる町並みと、巨木のしだれ桜のコラボ。

<平年の見頃>
・4月下旬~5月初旬。
(秋田市のソメイヨシノと比べ、約1週間遅い)

<場所・アクセス>
■秋田県仙北市角館町
・秋田新幹線角館駅から北西に徒歩20分。
(約1.5km。武家屋敷通り)

<ホームページ>
・角館観光協会HP
 舟川(富山)
                       
正確には「舟川べり桜並木」と呼ばれている名所。
北アルプスを背景にした、ソメイヨシノ280本の桜並木です。

<見どころ>
・北アルプスと桜並木のコラボ。

<平年の見頃>
・4月中旬。
(富山市のソメイヨシノと比べ、3日程度遅い)

<場所・アクセス>
■富山県朝日町舟川新
・あいの風とやま鉄道「泊駅」から車で10分。
(桜のシーズンは臨時バスが「泊駅」から運行されます)

<ホームページ>
・富山県観光公式サイト
 高遠城址公園(長野)
                       
長野県伊那市高遠町東高遠にある高遠城の城跡を整備した公園。
約1500本のタカトオコヒガンザクラ(ソメイヨシノより小ぶりで赤みのある桜)が植えられ、日本を代表する桜名所のひとつ。
満開時には公園全体がピンク色に染まり、毎年25万人以上の観光客が訪れます。
また、桜開花時から散り終わりまで、ライトアップも行なわれます。
(日没〜22時まで)

<見どころ>
・城跡と1500本のタカトオコヒガンザクラのコラボ。

<平年の見頃>
・4月中旬。

<場所・アクセス>
■伊那市高遠町
・飯田線「伊那市駅」からバスで高遠駅下車、徒歩15分。

<入園料>
入園料…大人500円他

<ホームページ>
・伊那市観光協会HP
 吉野山(奈良)
                       
平安時代からの桜の名所。
現在では、3万本の白山桜(シロヤマザクラ)が咲き誇ります。

<見どころ>
・中千本と上千本が見頃を迎えたときの「花矢倉展望台からの眺め」と「吉水神社からの眺め」。

<平年の見頃>
・4月上旬~下旬。

<場所・アクセス>
■奈良県吉野町
・近鉄吉野線「吉野駅」下車、吉野ロープウェイで「吉野山駅」に。
(吉野駅から徒歩の場合は、吉野山駅まで約30分)

<ホームページ>
・吉野町HP
 高田公園(新潟)
                       
高田城の城跡公園で、4千本のソメイヨシノが咲き誇ります。
また、3千個以上のボンボリでライトアップされる夜桜の名所です。

<見どころ>
・城跡と桜のコラボ。夜桜。

<平年の見頃>
・4月上旬~中旬。

<場所・アクセス>
■新潟県上越市本城町
・JR上越妙高駅から車で15分
(桜のシーズンには、駅からシャトルバス運行されます)

<ホームページ>
・上越観光コンベンション協会HP
 三多気の桜(三重)
                       
真言宗・真福院の参道(1500m)に約500本の山桜。
美しい山村の風景の中に、山桜が咲き誇ります。
(玄関となる「杉並集落」が標高450m。ゴールとなる「真福院」が標高550m)

満開のヤマザクラが、水の張った棚田に映る姿は、日本の風景そのもの。
シーズンには桜まつりが行われ、大勢の見物客(2万人)で賑わいます。
ライトアップも行われます。
(名古屋や関西地区から、多数の日帰りツアーが組まれている程)

<見どころ>
・山村風景と巨木の山桜。棚田に映る山桜。

<平年の見頃>
・4月中旬。

<場所・アクセス>
■三重県津市美杉町三多気
・JR伊勢奥津駅からバス、「杉平」下車。
・近鉄名張駅からバス(三重交通・奥津行き、60分)、「杉平」下車。
(平日は朝夕1便だけ。桜のシーズンは臨時便も)
 龍安寺(京都)
                       
石庭で有名な京都のお寺です。
(世界遺産)
築地塀の上から、紅しだれ桜が石庭を覗いている風景は、日本を代表する春の景観です。

<見どころ>
・石庭と紅しだれ桜のコラボ。

<平年の見頃>
・4月上旬~中旬。
紅しだれ桜は、ソメイヨシノの後に咲く桜です。

<場所・アクセス>
■京都市右京区龍安寺御陵下町
・京都駅から市バス50番系統「立命館大学前」下車、徒歩7分

<拝観料>
・大人500円、小・中学生300円

<ホームページ>
・龍安寺HP

 ・ 2017桜の開花予想
 ・ 2017桜の見頃情報

*見頃の時期は、気温の推移により変わってきます。最新の情報でご確認を。

   ページのトップへ