椿(ツバキ)の名所情報
   ホーム    旅・観光情報
【椿(ツバキ)の名所情報・目次】
■ 椿(ツバキ)とは

<東日本>
■ 伊豆大島(東京)
■ 氷室椿庭園(神奈川)

<京都>
■ 法然院(左京区)
■ 霊鑑寺(左京区)
■ 等持院(北区)

<西日本>
■ 圀勝寺(岡山)
■ 笠山椿群生林(山口)
 椿(ツバキ)とは
                       
日本原産の常緑樹(照葉樹林)。
野生種は、「ヤブツバキ」の名で呼ばれる。
花の時期は、一般的に「冬~春」。
(現在では多数の品種があり、秋や夏に咲くものもあります)
日本での代表的な品種には、野生種(ヤブツバキ)のほか、ユキツバキ(雪椿)、ワビスケ(侘助)がある。
 伊豆大島(東京)
                       
島全体で約300万本の椿が自生しています。
シーズン(1月下旬~3月)には、大島公園をメイン会場に「伊豆大島椿まつり」が開催されます。
江戸みこし、あんこパレード、椿の女王コンテスト、夜まつり、伊豆大島ジオパーク展など、数々のイベントが行われます。

<見頃の時期>
・1月下旬~3月

<場所・アクセス>
■大島町泉津
・大島へは、竹芝桟橋(東京)、横浜桟橋(神奈川)、熱海港(静岡)、久里浜(神奈川)から船(東海汽船)。

<ホームページ>
・伊豆大島・椿まつりHP
 氷室椿庭園(神奈川)
                       
約250種類、約千本の椿が咲き誇ります。
茅ヶ崎市の公園です

<見頃の時期>
・2月下旬~3月下旬
9時~17時

<場所・アクセス>
■神奈川県茅ヶ崎市東海岸南3-2-41
・茅ヶ崎駅から徒歩15分(バスで5分)。

<入園料>
・無料

<ホームページ>
・茅ヶ崎市HP
 法然院(左京区)
                       
三銘椿(五色散り椿・貴椿・花笠椿)で有名な、京都を代表する名所です。
中庭に植えられている三銘椿は、特別公開(有料500円、4月1日~7日)のときのみ、拝観できます。
*行事のない日に限り、本堂前までの参道は開放されています(無料、6時~16時)。
*山門付近の景観も素晴らしく、紅葉名所でもあります。

<見頃の時期>
・毎年4月1日~4月7日
9時30分~16時

<場所・アクセス>
■京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町
・JR京都駅から市バス5系統岩倉行、「浄土寺」下車、徒歩10分。

<拝観料>
・500円(特別公開時)

<ホームページ>
・法然院HP
 霊鑑寺(左京区)
                       
臨済宗南禅寺派の門跡尼寺・霊鑑寺(れいかんじ)。
京都を代表する椿の名所で、境内(池泉観賞式庭園)には「日光椿」など名椿が多数植えられており、例年4月上旬に特別公開(有料)が行われます。
*通常は非公開で入ることもできません。
*法然院とは約400m(徒歩約10分)で、特別公開も同時期のため、両方を拝観される方も多い。また、近くの銀閣寺は椿垣(椿による垣根)で有名。

<見頃の時期>
・4月上旬

<場所・アクセス>
■京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町12番地
・JR京都駅から市バス、「錦林車庫前」下車、徒歩5分。
・JR京都駅からから市バス、「上宮ノ前町」徒歩3分。

<拝観料>
・700円(特別公開時)
 等持院(北区)
                       
1341年に足利尊氏が創建した(足利将軍家の菩提寺)、臨済宗天龍寺派のお寺・等持院(とうじいん)。
庭園は池泉回遊式で、心字池を中心とする東庭と、芙容池を中心とする西庭の2つで構成されている。
紅葉の名所、サツキの名所として有名ですが、椿の名所でもあります。
芙容池の西庭には、豊臣秀頼が寺を復興した際に植えられたと伝えられる、樹齢400年の侘助(有楽椿)が咲き誇ります。
とくに、椿の花が、コケの上に散った景観が見事です。

<見頃の時期>
・3月~4月上旬(ピークは3月下旬)
9時~17時

<場所・アクセス>
■京都市北区等持院北町63
・京都駅から市バス、「立命館前」下車、徒歩10分。

<拝観料>
・500円
 圀勝寺(岡山)
                       
真言宗の寺院・圀勝寺(コクショウジ)。
境内の樹齢300年を超えるツバキが、八重の赤い花を咲き誇ります。
また、落花時には、花が赤いじゅうたんを敷き詰めたように広がります。

<見頃の時期>
・4月上旬~4月中旬
(9時~16時)
*例年、4月初め頃から咲き始め、4月10日前後に見頃となります。

<場所・アクセス>
■岡山県矢掛町東三成1344
・井原鉄道「三谷駅」下車、徒歩15分。

<拝観料>
・無料

<ホームページ>
・矢掛町観光サイト
 笠山椿群生林(山口)
                       
約2万5千本のヤブツバキが自生しており、シーズンには「萩・椿まつり」が開催されます。

<見頃の時期>
・2月中旬〜3月下旬

<場所・アクセス>
■萩市椿東越ケ浜虎ケ崎
・JR東萩駅からバス、「越ヶ浜」あるいは「越ヶ浜入口」バス停下車。
*椿まつり期間中は、越ヶ浜(越ヶ浜市営駐車場)から、笠山椿群生林まで無料シャトルバスが運行されています。
*越ヶ浜から笠山椿群生林までは約2キロ。

<入園料>
・無料

<ホームページ>
・萩市観光協会HP

*祭り・イベント等は種々の事情により、中止、あるいは内容等が変更されることもあります。
主催者発表の最新の情報でご確認願います。



   ページのトップへ