くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
東海道新幹線開業の日

10月1日。
1964年の10月1日、東京~大阪間を結ぶ高速鉄道・東海道新幹線が開業しました。
    
東海道新幹線は、世界初の高速鉄道であり、日本の新幹線としては最古の歴史を持ちます。
開業当初、東京駅~新大阪駅間(515.4km)は4時間掛かりましたが、現在(2019年)では、最速2時間22分で結んでいます。
   
1日あたり360本を超える列車が行き交い、1日あたり約45万人が利用する日本の大動脈となっています。
      
鉄道博物館(埼玉県さいたま市)では、東海道新幹線の開業を記念して、毎年10月1日に「東海道新幹線開業記念イベント」を開催しています。
   
また、東海道新幹線の輸送量が限界にきていること、老朽化していること(大規模な改修が必要)、災害で長期間停止する危険性があることなどから、バイパス路線として、2014年から超電導リニアによるリニア中央新幹線の建設が始まっています。
   
リニア中央新幹線は、東京・品川~名古屋間が2027年、名古屋~新大阪間が2037年の開業予定となっています。

風景
    ページのトップへ