くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
世界津波の日

毎年11月5日。
津波に対しての関心や対策がすすむことを目的に、国連が設定した記念日。
「World Tsunami Awareness Day」。
    
2015年12月23日の国連総会・本会議において、142ヵ国が共同提案した設定決議が採択されたことにより、国際デーとなりました。
    
11月5日は、大津波の際、稲むらに火をつけることにより、村人を高台に避難させた物語・稲むらの火に由来します。
      
同日及びその前後には、日本だけでなく、世界中で避難訓練やシンポジウム、啓発活動が行われています。
   
*日本では、一般的に世界津波の日と呼ばれていますが、国連(広報センター)では、世界津波啓発デーとしています
*稲むらの火は、1854年に発生した安政南海地震津波での出来事をもとにした物語。舞台となったのは和歌山県広川町です
シークザジパング
    ページのトップへ