くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
最低気温の日

日本で、もっとも低い気温を記録した日。
1902年の1月25日、北海道旭川市で、最低気温-41.0℃を記録しました。
     
この-41.0℃が、日本で観測された気温(気象庁の観測値)としては、もっとも低い気温です。
1902年から、すでに110年以上経過しましたが、未だにこの記録は更新されていません。
 
なお、日本で観測されたもっとも高い気温は、41.1℃。
2018年の7月23日に、埼玉県熊谷市において観測されました。
    ページのトップへ