くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
ミュンヘンの悲劇の日

1958年2月6日に、ドイツ(当時は西ドイツ)・ミュンヘンのリーム空港で起こった航空機事故。
     
イギリスを代表するサッカーチーム・マンチェスター・ユナイテッドのチャーター機が、同空港で離陸できず、失速。
空港のフェンスを突き破り、近くの空き家に激突、炎上しました。
   
この航空機事故により、乗員と乗客23名が死亡。
マンチェスター・ユナイテッドのスター選手も8名が死亡し、7名が重傷を負いました。
        
事故原因は、滑走路上の氷雪(スラッシュ)。
後にこの事故は、ミュンヘンの悲劇と呼ばれるようになりました。
   
当時、マンチェスター・ユナイテッドは、イギリス代表としてチャンピオンズカップに出場、ヨーロッパを転戦していました。
       
スター選手を亡くしたマンチェスター・ユナイテッドは、その後、低迷するも、10年後の1968年、チャンピオンズカップを優勝し、伝説となりました。
    
*マンチェスター・ユナイテッドはイギリスを代表するだけでなく、世界一の人気を誇るクラブチームです
シークザジパング
    ページのトップへ