くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
JR福知山線脱線事故

2005年の4月25日、兵庫県尼崎市でJR西日本の列車が脱線し、107名が死亡する甚大な事故が発生しました。
       
脱線事故が発生したのは、JR西日本・福知山線の塚口駅と尼崎駅の間にある右カーブ。
宝塚発同志社前行き上り快速が、速度オーバーし、カーブを曲がりきれず、脱線しました。
   
また、自動列車停止装置(ATS)の整備遅れも原因となりました。
      
脱線したのは4月25日の9時18分頃で、脱線した列車は近くのマンションに激突。
1両目と2両目は、原型を留めない程に大破し、乗客と運転士合わせて107名が死亡、562名が負傷しました。
       
*参考…航空・鉄道事故調査委員会・福知山線脱線事故調査報告書
シークザジパング
    ページのトップへ