くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
千日デパート火災

1972年5月13日に、大阪市中央区・千日前の千日デパートで発生したビル火災。
   
有名な地名「千日前」で因み、千日前デパート火災や千日前火災とも呼ばれます。
火災により、死者118名、負傷者81名が発生し、ビル火災としては、過去最大の惨事となりました。
       
千日デパートは、延床面積2万7千平方メートルの地上7階建のビル。
     
デパート(百貨店)を名乗っていますが、百貨店では無く、専門店、劇場、オフィス、催事場、飲食店、遊戯場、キャバレーなどが入居する複合商業施設でした。
    
1972年の5月13日22時27分頃、改装工事が行われていた3階で出火。
深夜の火災ですが、7階に入店しているキャバレーが営業中で、多数の人が店内にいました。
  
このため、犠牲者が118名となる甚大な火災被害になりました。
なお、この火災を受け、建築基準法や消防法が大幅に改正されることとなりました。
    
*千日前は、心斎橋筋や道頓堀と並ぶ、大阪・ミナミを代表する繁華街
*被害状況は大阪市発表
*参考…大阪市:千日デパート火災
シークザジパング
    ページのトップへ