くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
種痘記念日

毎年5月14日。
初めて、安全な種痘が行われた日に因む記念日。
     
1796年5月14日、イギリスの外科医・エドワード・ジェンナーが、初めて安全な種痘の接種に成功しました。
    
これにより、致死率の高い病気(感染症)であった、天然痘が予防できるようになり、死亡者は劇的に減少しました。
       
<種痘(しゅとう)>
天然痘の予防接種。
ワクチンを人の皮下に接種する。
      
現在は、天然痘ウイルスが自然界に存在しないとされ、1976年から日本では行われていません。
    
<天然痘>
天然痘ウイルスから発症する感染症。
18世紀以前は、感染力が強く、致死率の高い病気でした。
      
ジェンナーが成功した安全な種痘により、死亡者は劇的に減少。
1980年5月、世界保健機構(WHO)が天然痘の世界根絶宣言を行ないました。
  
*参考…国立感染症研究所・天然痘とは


    ページのトップへ