くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
緑内障を考える日

毎年6月7日。
緑内障の患者やその家族で作る「緑内障フレンド・ネットワーク」が定めた記念日。
      
6と7で、ろくない(りょくない)の語呂合せで、同日に決められました。
     
緑内障は、眼圧によって視神経(網膜に映った映像を脳に送る神経)が損傷を受け、視野が狭くなる病気の総称。
       
緑内障には様々な病型があり、治療法も、病型によって異なります。
日本緑内障学会の疫学調査によると、日本人の40歳以上では20人に1人が緑内障になっていると報告されています。
        
殆どの場合、自覚症状が無い病気のため、気が付いた時には視野の欠損が進行している人も見られます。
緑内障を考える日は、早期発見・早期治療の重要性を啓発するため、制定されました。
        
*参考…緑内障フレンド・ネットワーク・緑内障

    ページのトップへ