くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
はやぶさの日

毎年6月13日。
銀河連邦が、2010年に設定した記念日。
    
銀河連邦は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の施設を持つ4市2町(相模原市、能代市、大船渡市、佐久市、肝付町、大樹町)で構成されている組織。
 
小惑星探査機・はやぶさの開発、運用に関わった人々の「あきらめない心」、「努力する心」を伝えようと制定されました。
  
6月13日は、小惑星探査機・はやぶさが、60億キロの長旅の末、地球に帰還した2010年の6月13日に因みます。
     
<はやぶさ>
宇宙航空研究開発機構が打ち上げた小惑星探査機。
     
2003年5月9日に内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)から打ち上げられ、2005年9月、アポロ群の小惑星・イトカワに到達。
     
2005年の11月20日と26日に、イトカワへの着陸に成功し、表面のサンプル(岩石質微粒子)を採集。
     
2010年6月13日、地球に帰還し、はやぶさ本体から切り離された、サンプルを収めているカプセルが、南オーストラリアのウーメラ砂漠に着陸。
   
なお、はやぶさ本体は、地球の大気中で燃え尽きました。
調査の結果、サンプル(岩石質微粒子)は、小惑星・イトカワのものと確認されました。
       
*参考…相模原市・はやぶさの日、大船渡市・はやぶさの日、JAXA・小惑星探査機
夜空
夜空:©足成
    ページのトップへ