くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
日本人女性初の金メダルの日

8月11日。
日本人女性が、初めてオリンピックで金メダルを獲得した日。
     
1936年の8月11日、ベルリンオリンピック・女子200m平泳ぎ決勝で前畑秀子が優勝、金メダルを獲得しました。
    
これが、日本人女性として、初めてのオリンピック金メダルです。
     
また、この決勝は、ラジオ実況していたNHKのアナウンサーが「前畑ガンバレ」と20回以上連呼したことも有名です。
     
*前畑秀子(まえはたひでこ)…1914年生まれ。和歌山県橋本市出身の水泳選手。結婚後は兵藤秀子と名前が変わりました。1995年、80歳で死去。日本人女性として初めてのオリンピック金メダリスト
    ページのトップへ